お問合せ
詳しいアクセスはこちら

交通事故問題

交通事故に遭ったら

交通事故に遭ったら

示談交渉がまとまらなければ、訴訟にまで発展します。後々になって、後遺障害が出てくるケースもあります。被害に遭って示談金の提示額について意見を聞きたいとき、損害賠償をしなければならないとき、一度、我々にご相談ください。

「これでいいんだろうか?」という相談のときには、何か見落とされていることがよくあります。そうした場合、どんな要素が抜けているのか、正確な損害額が出るのかどうかというアドバイスは、弁護士でなければできません。

納得のいく賠償金を受け取るために

納得のいく賠償金を受け取るために

交通事故の被害者になった場合、自賠責、任意保険、裁判所と、決着の手段はいくつかあります。この中で、納得のいく賠償金を受け取るには、弁護士に相談し、裁判所で結果を出してもらうのが一番です。相手となる保険会社は、経験豊富なプロの交渉人。保険による賠償額では納得がいかないことは多々あります。ちょっと不安に思ったり、おかしいと感じたら、弁護士にご相談ください。

交通事故にまつわるよくあるご相談

Q 保険会社から示談金の提示を受けたのですが、妥当な金額なのでしょうか?

A 事故の詳細をお聞きし、判断させていただきます。提示金額に対して不安を感じたら、サインをする前にご相談ください。


Q 交通事故の被害に遭い、保険会社から示談の提示を受けています。だけど、事故から半年が経っても右肩が痛くてなかなかあげられませんし、雨の日に屈んで家事労働することも苦痛です。このまま示談しても大丈夫なのでしょうか?

A 本来ならば、後遺障害のテストをしなければならないのに、怪我の治療だけで終わらせてしまっていることが考えられます。後遺障害の可能性があるのに、きちんと診断を受けずに賠償金を受け取ってしまう可能性があります。こうした場合は、弁護士に相談していただければ、適切な医療機関でテストを受けるよう、アドバイスをいたします。その後、後遺障害の等級や過失割合の結果を鑑みて判断をします。


Q 示談成立のサインをしてしまったのですが、後になって痛みが出てきました。諦めるしかないのでしょうか?

A 発生した後遺障害の状況、サインしたときの状況、いろんな要素によって、一度サインしてしまったけど、もう一回話し合いができることもあるので、おかしいと思ったら諦めずにご相談下さい。なるべくなら、サインする前にご相談を。


お問合せ