お問合せ
詳しいアクセスはこちら

離婚問題

子どものためにもよりよい解決を

子どものためにもよりよい解決を

慰謝料、親権、養育費。離婚にまつわるご相談は、お金と子どものことが大半です。夫婦間だけでなく、子どものためにもよりよい解決策を一緒に考えましょう。

離婚にまつわるよくあるご相談

Q 妻の不貞で離婚をしたいと考えています。子どもの親権を取れるでしょうか。

A 親権は、当事者間で話し合いがつかなければ家庭裁判所が最終判断を下します。この場合、様々な要素が判断材料となりますが、一般的にみて、不貞と親権は別として考えられ、乳幼児~就学初期の児童であれば母性が優先される傾向にあります。
小学校高学年以降になると、子どもの意思や親子の関係性も影響してきます。また、子どもに兄弟がいる場合、兄弟を引き離さないように考慮されることが多いようです。経済的な要素はほとんど反映されません。

親権を決めるときは、子どもの福祉が最も重要であり、実際に監護できるかどうかが重視されます。祖父母や身内の協力が得られるかどうか、会社の福利厚生がしっかりしているかどうか。どちらの元にいる方が、子どもはちゃんと育っていけるのかということが大切です。


Q 夫と性格が合わず、離婚したいのですが、できますか?

A 家庭内別居状態として裁判しても、法律に照らし合わせて離婚成立が難しい場合があります。そうしたときには、具体的にお話を聞きながら、話し合いで解決する方法を探ります。


Q 子どもを連れて別居しましたが、旦那がお金を入れてくれず、お金に困っています。離婚にも応じてくれません。

A 離婚が成立するまでに別居状態になった場合は、片方の配偶者に婚姻費用という形で費用負担が発生します。それを知らず、お金に困って相談されるケースは多数あります。婚姻費用として相手に請求できますので、離婚が成立するしないに関わらず、まず、ご相談ください。


お問合せ